読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はいたい!あにゃです!

イラスト。沖縄。ロック。ミニマリスト。ブログは不定期・・ぶるぶる

「食事のルールを作るのは今すぐやめよう」

こんばんはみなさん!こんばんは華金!

 

今日ファミマでプレミアム肉まん買ったんだけど(高確率で買ってる大好物)

買った後今日がプレミアムフライデーだと気付きました。

なんだかんだ毎週ファミチキ無料を逃す私です。

こんばんは。

 

 

 

「食事のルールを作るのは今すぐやめよう」

マスコミや雑誌で「○○ダイエット」が流行っては消えてを繰り返し、日本中の女性が「痩せたい痩せたい」と言ってる時代。「痩せ=美人」みたいな感じになってて非常に生きにくい世の中です。そんな私も当時はその一人でした。小さい頃からバドミントンをしていて、多少食べ過ぎても体重も体型もあまり変わらなかったのでガンガン食ってました。しかし社会人になってバドミントンをやらなくなったことや、飲み会で大量に飲み食いを繰り返していつのまにか5kg以上増加。あの時は「別に太ってもいいや、毎日楽しいし」と平気だったんですが・・

 

ある言葉で人生が変わった

社会人になって半年、連休に久しぶりに実家に帰ると母に「あんた丸くなったねぇ。ぱんぱんじゃん」と早々に言われ、大ショック。地元帰って友達や知り合いに会った時も、いろんな人に「太った?」と言われかなり落ち込みました。その日まじまじとお風呂の鏡で自分の姿を見てさらにショック。二の腕はダルンダルン、お尻は重く垂れ下がり、顔を見ると二重アゴの前兆・・・やばっなんとかしなきゃ!と焦って、あらゆるメディアからダイエットについて調べまくってました。

 

 

いつのまにかルールから抜け出せなくなっていた

その時実践したのは「レコーディングダイエット」と「夜だけ炭水化物抜きダイエット」。毎日5時半起床。決まった時間に朝食、しかも毎日決まったメニュー(白湯、お米茶碗1/2、味噌汁、りんご半切れ、BIOヨーグルトにきな粉とはちみつ、目玉焼き一切れ)、お菓子は一切やめて、毎日食べたものをノートに書き、夜はお腹が空いても絶対にお米やパンは食べない。遅い時間に帰宅したら夜ご飯抜き。会社通勤は1時間かかる道を雨の日も風の日も歩く。そんなことを一気にやったもんだから一気に痩せました。最初はしんどかった。でもやってくにつれて効果が実感でき、周りから「痩せたね!」と言われるのが何よりも嬉しかった。でも元々食べること大好きだったし飲み会もよく行ってたのに、痩せていくにつれて「お米は敵」「このお菓子食べたら太る」「こんな時間に食べたら太る」「お酒なんか飲んだら体むくんじゃう」・・なんて思うようになっちゃって、食べるのこわくなっちゃった。自分が決めた食事の量と、食べてもいい物と、毎日絶対やらなきゃいけない運動・・こんなルールができちゃって、少しでも外れるとかなり落ち込んだし、それ以上に運動量増やしたりして、毎日ボロボロだった。「こんな生活、いつまで続けるんだろう・・」って考える時もあったけど、元の生活に戻したらきっと太ってしまう、またみんなに傷つく言葉を浴びせられる・・とこわくなり、元に戻ることはできませんでした。私は最近までこの「ルール」に縛られていました。摂食障害がだんだんおさまり、無茶食いも減ったのですが、唯一自分の決めたルールが心の中にあって、まだまだ食べることが少しこわいです。

 

だからこそ、ルールは作らないでほしい

ルールという「禁止事項」って、自分にものすごいストレスかけてると思います。例えば「明日から絶対お菓子やめる!」って決めると、次の日お菓子のことで頭いっぱいになっちゃうんです。やたら頭の中に浮かぶし周りの人が食べてるのが気になるし、うずうずしちゃうし・・そんで「一口だけ」って食べると一気に爆発。「もういーや!今日は食ってやる!」と止まらなくなるんです。そして落ち込み「自分は本当にできない奴だ・・」って。まさに今の私がそんな感じです。でも、こんなことを何回も繰り返してるうちにふと思った。こんなに「お菓子やめる!」って思っても食べちゃうくらい、私はお菓子大好きなんだろうなって。ダイエットに関する本とかブログ読み漁ってた時に「白砂糖の人体への影響」とか「お菓子はやめてナッツとかフルーツに!」みたいなの散々読んできたから、いつしか「お菓子は悪い奴」と思うようになった。でもお菓子ってそんな悪い奴じゃないと思う。心の栄養になるし、お菓子つまみながらだとおしゃべりが弾むし!適量なら問題ないじゃん!てゆーか、お菓子が好きって認めちゃえばいいじゃん!って。だからその日からお菓子に関して「ルール」を作るのをやめてみました。そしたら不思議なことに自然と欲しくなくなったんです。欲しくなったら「3時になったらコーヒー買いに行って休憩がてら食べよう」と楽しみにできるようになりました。自分の心の声に任せて、好きな時に食べることを許すと、お菓子への罪悪感もなくなり、適量で満足できました。

 

 

 夜は炭水化物抜いた方が調子いいとか、朝はスムージーだけで調子いいとか、人によって異なると思います。でもその食べ方やスタイルが自分に合っていればそれでいいと思います^^

ただ、無理な食事制限やしんどいルールは作っちゃだめ。

周りのメディアに流されないで、自分の心地いい選択をしてほしい。

私は今、自分のルールを少しずつ外す練習をしています。夜でもお腹が空いたらお米を食べる、夜中のアイスを許してみる、とか。私は元々食べることが大好きなので、やっぱりたくさん食べるとすごく幸せだし、体も調子がいいです。何より便通が良くなりました!笑 まだまだ食べることへ少し罪悪感が残ったりしますが、「美味しく食べること」を第一にして、毎日満たしてあげることにしました^^

 

ルールなんていらないよ、

痩せてても太っててもあなたは素敵だし、

あなたにとって一番心地いい選択をしてくださいね^^

 

 

 

では今日はここまで!

おやすみ〜!